スワップポイントとは

外国為替での取引は単純に円を買う、ドルを買うではなくドルと円を買うという2つの通貨を買ったり売ったりすることになります。当然通貨が違えば金利も違います。そしとてこの金利差によって発生するのがスワップポイントと呼ばれるものです。基本的に金利の高い通貨を買い、そして逆に金利が低いのを売れば利益が得られます。しかし逆に金利の高い通貨を売ったり、金利が低い通貨を買うと利益どころか損益として取られてしまいます。このシステムは売買ではなくその通貨を持っているだけで発生します。金利差なので得られる利益は普段の取引に比べれば少ないものですが、塵も積もれば山となる、長期的な視野で見れば安定した利益が見込めるシステムとなるのです。最もそのためには所持している資金に余裕がなければなりません。そうでないと貰う利益以上に損益が多くなってしまうということになりかねません。それと外国為替市場の通貨の価値は日々変動している通り、その金利にも変動があります。なので市場の動きを見ていないで放置していたら利益を得られていのたが逆に損益になっていたという可能性も充分にあります。長期的な運用が前提のシステムですが、その際にもしっかりと市場の確認は欠かさないようにしましょう。

Comments are closed.