為替レートの見方

トレードをしていくのでしたら為替レートをしっかり見れるようにならないといけません。まず見てみると2つの数字があるのが分かりますが、これは左は売値、右は買値を表しています。なので実際に買った場合には右の数値で、売った場合には左の数値が適用されます。ただし独立しているわけではなく通貨の価値としては同じなのでどちらかが動けばもう一方の数値も同じように変動します。そしてトレードをした場合に買った場合には売値を売った場合には買値を見て約定をしていくわけです。そしてこの動きはチャートというもので見ることができます。とりあえず初心者の方はこの動きを覚えましょう。実際に数値が動いているのをチャートで見ているとある程度一定の法則があることが分かります。利益を出すためにはこの法則を見極めるのが最大のポイントとなっています。後、情報として基本的に買値と売値だけでなく、本日の始まりの値と高値と安値も基本的には情報として表示されています。高値はその名の通り、一日の間に行った一番高い値で安値はその逆です。実際に市場ではこの高値と安値も意識されて取引がされていくということもあるので、この高値と安値も利益を出していく上では重要な見極めの要素です。

Comments are closed.