為替が変動する理由とは

外国為替が変動する原因は様々にあります。単純にいってしまえば価値が変わってしまう原因が起きたら変わるということです。世の中は需要というもので成り立っています。そんなことはないのですが極端な例としてリンゴも食べる人がいなくなってしまえば需要がないということで価値が下がってしまいます。市場の世界もそうであり、そういった扱うことに価値がなくなってしまえば当然その価値は下がっていきます。その反対に需要が多くある場合には価値のあるものとして上がっていきます。変動はこのような繰り返しで起きるのです。そしてそれ大きくなる事例として経済指標というものがあります。これは雇用を始めとして住宅事情や製造といったものの数値が発表されます。何故これが発表されると市場が大きく動くのかというと、人間働かなければ利益を得られません。そして利益を得られないということは物を買うことができません。物を買うことができないということは経済が、という風に経済指標で発表されるものが経済というものを形成しているからです。なので普段はそこまで大きな動きがないのですが、大きな経済の情報ということで市場の変動が大きくなるということです。最も投資家としてみればこの大きな変動は利益を得るチャンスにもなっているということなのですが。

Comments are closed.