外国為替市場とは

日本が円、アメリカがドルと国によって用いられる通貨が違います。そして外国為替市場ではそんな各国で使われている通貨を売買として用いられています。お金を買う、という表現をおかしく思う方もいると思いますが、通貨というのはいつも一定の価値を持っているわけではありません。スーパーマーケットで売られている野菜が時期によって値段が違うのは何故でしょうか、それは数とその価値によって値段というものは決まっているからです、そしてそれが為替の市場でも起こっているということです。同じドルでもそのドルが日本換算において99円の価値か、それとも101円の価値になるか変わってきます。外国の通貨の価値が変わるのは様々な事象によっての変動なので一概に原因が何かとはいえませんが、それでも経済というのは常に世に回っているので通貨の価値というのは日々、いやそれどころか時間単位でも変わってきています。さてドルを円に換算するとします、がもちろん通貨の価値というのは変動しています。なので99円の時にドルを買い、101円の時にドルを売ると2円の利益となります。そうこのような通貨の価値の変動によって利益が出るからこそお金を買う市場が存在するのです。これは海外旅行に行く際にも役に立つ知識かもしれません。

Comments are closed.