外貨預金との違いは

同じ外貨を取り扱う金融商品に外貨預金と外国為替証拠金取引があります。
どちらも外貨投資であるのですが、先ず違いがあるのが手数料です。
外貨預金では仲値と呼ばれる午前10時のマーケットのレートを活用して取引が行われるのですが、ドルを買う場合と売る場合の双方に手数料が掛かってきます。
前者は1円安い円安レートが採用されるTTSで、後者の売る場合に付いてくるのが1円高い円高レートのTTBです。
つまり、取引で2円分の手数料が発生しているのです。
これに対して外国為替証拠金取引ことFXの手数料はほとんどの会社で無料であり、取引コストに掛かってくるのは売り値と買い値の差額であるスプレッドです。
また、少ない資本で運用できる点も外貨預金と違い、売り買いどちらのポジションでも取引でき、24時間運用できる点も魅力です。
少しの値動きでもポジションと投資金額で利益を得ることができる点も特徴です。
外貨預金は通貨によっては手数料も高くつき、一度運用すると資金が拘束されるため、大きな為替の変動でも動かすことができなくなります。
日々変動する為替に対して柔軟に対応できない点は大きなリスクです。
総じて、取引コストと時間、為替リスクに対しての対応度で差があります。

Comments are closed.