円高、円安とは

よくテレビなどで、今日の日経平均株価の紹介と、その後にドル円相場の紹介がありますよね。
株をやっている方は、特に気にするでしょうが、それ以外の方は、なんとなく見ているだけでそれで終わってしまいます。
ですが私たち消費者にとってメリットはいっぱいあります。簡単に言うと円高はその言葉の通り、円が買われていて、この時のメリットと言えば、円が高くなるので海外の商品などが安くなりますよね。もっと言うと原油などの海外からの仕入れが安くなるのでガソリンが安く購入出来たり、海外旅行なども安くなります。
では、反対に円安になるとこの逆ですね。他の円が売られるので、海外からの調達する物の価格が上がってしまうので、私たち消費者には痛手になってしまいます。最近ではガソリンもだいぶ上がってきました。
ですが、日経平均株価は上昇しています。不思議なものですよね。
日本の企業の核となるのは、やはり製造業、トヨタやホンダなどの自動車業界やシャープやパナソニックなどのメーカーなどは、海外に輸出がメインになってくるので、円安は企業の利益に直結してくるので、こうした企業が儲かるという事で株価は上がっていくという訳です。
アベノミクス相場でだいぶ円安が進み、そのお陰で日経平均株価は上昇しているんですね。
色々と勉強すると面白いですよ。

Comments are closed.